母と私の長い一日

痴呆の父を初めての認知症診断に連れて行って、緊急入院するまでの母と私の長い一日を書いています。

長くなりましたが、これがシリーズ最終回です。

急展開で父を医療保護入院で病院へ入院させることになり、色々な書類に署名をして地元へ戻ってきました。やれやれ。

でも、想定外の緊急入院だったので、入院にあたっての準備は何もしておらず、
・電動髭剃/洗面器/コップ2個/歯ブラシ 
を届ける為に、また明日病院に行かなければなりませんでした。
(病院で用意してもいいが、病院の購買部で買うので値段が高く、
 特に電動髭剃りは自宅のを持って来た方が良いと看護師から言われました。)

 

それから、入院手続きで色々署名はしたものの、印鑑を持ち合わせていなかったので、
なるべく早く書類に印鑑を押しに病院を訪れなければいけませんでした。

更に、身元保証人である母の、住民票も提出する必要もあり。。。 
入院保証金10万円も納めなきゃー!




 

遠くてタクシーを使わないと行けない不便な場所にある病院なので、
必要な事は全部、明日 電動髭剃りを渡しにまた病院に行くのと同時に、
全部済ましてしまおうと、この日は金曜日だったので、
もうこの足で市役所まで行って住民票を取って来る事にしました。

それで、住民票を取るのに印鑑が無かったので、
スーパーの文房具売場で安い印鑑を急きょ買って、
生活用品売場で明日持って行く洗面用品も買って、
それから市役所へ大急ぎで向かいました。

 

もう夕方で時間ギリギリに市役所に滑り込むんで、
今さっき買ってきた印鑑で住民票を発行してもらいました。

 

この間、ずっと父の身に着けていた衣服全部、透明のポリ袋に入れて抱えたまま移動して。
大きいしずっしり重かったわ~。

 

住民票を入手したら、これで今日のうちにすべき事は全部済ませたという事で、
夕飯は外で済ませる事にしました。
母も私も、ものすごい集中力と気迫をみなぎらせて勢いでここまでやってきたけれど、
その緊張の糸も切れて。
入ったサイゼリアで、「本当に良かった、助けられた。。。もう我々、限界だった。。。」って
母と手を取り合って泣きましたね。


 

72歳の母と、アラフォーの私。
車を持っていない、女だけの我々が、徒歩とタクシーと公共交通機関を乗り継いで、
76歳の認知症の父をよくぞあの遠い病院まで入院させたなぁと思います。

朝から休みナシで、
認知症クリニック→告知→遠い本院へ医療保護入院→戻ってきて→印鑑買って→市役所 
普段、1日でこんなに移動する事無いので、よくやりましたよ。
これを成功させなければ、こっちが潰れるという、火事場の行動力ですかね。

こんなに色々な事があった1日もありませんでした。

地獄のどん底から一転、父の入院を決めてくれたイケメン先生に救われて、
感謝しかありません。

 

こうして、母と私の長い1日が終わりました。

父が家から去り、ストレスフリーになったというものの、
妙な興奮で眼がギラギラしてしまい、その日は全然眠れませんでした。
でも次の日の土曜日、早朝から徘徊出勤する父はいなく、やっと心からの安らぎを得ました。

(まぁ、問題を入院という一時棚上げしたにすぎないのだけど。)

というワケで、父の認知症診断から緊急入院まで、一日の出来事を
文章構成力が無いので出来事そのままだらだら書いて、時間もかかってしまいました。(汗)

『母と私の長い一日』はこれで終了ですけど、
認知症介護地獄ネタはまだまだ続きます。(^^;)

 

 

お読み頂きありがとうございました。
↓ ついでにブログ村のクリックもして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

認知症の介護地獄
ティー子をフォローする

過去記事ランダム


ひとりで楽しく、早期リタイアを夢見て

コメント

  1. まいか、 より:

    大変な1日でしたね。
    認知症 になったら大変だということ、判っていたつもりで 私は何も判っていなかたったんだなと思いました。
    周りが 精神的、金銭的に 追い詰められてしまうのですね。
    万単位のお金が どんどん出て行ってしまうなんて、、、
    貧乏人には耐えられません。
    今から認知症予防など考えていきたいと思います。

  2. ティー子 より:

    まいか様

    そうですよー。認知症はお金がかかりますよ。
    どんどん、家の資産がボケ老人の為に減っていきますから。。。
    認知症貧乏地獄ですよ。

  3. みみ より:

    大変でしたね。
    「一時棚上げ」なんかじゃないですよ。妄想のひどい人は服薬調整してどこでも入所できる状態にしてもらわなければ家族が困りますから。お父様、うちの母と同じで外に出ていくタイプですからなおさらです。
    老健は、施設によるのでしょうが、完全自費の1日を挟めばずっといられるところもあるみたいです。入所者全員が手のかかる人では職員さんが何人いても足りないので、症状が重くない人、ご飯がひとりで食べられる人、など、ベッドに空きがないように入れてくれるところもあるようてす。
    お母様は介護認定受けてますか?72歳なら要支援くらいはついて今後のお父様の各種申込みに役立つかもしれません。受けるのはただです。使わなければいいだけ。
    応援しています。

  4. ティー子 より:

    みみ様

    いつもありがとうございます。
    老健、「完全自費の1日を挟めば」こういう裏ワザで長くいるんですね。
    病院に入院しているうちに、いっぱい服薬してもらいたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました